W杯 アルゼンチン vs ドイツ

録画していて後で観る人は読まないでください!






(T_T)

もう、言葉はありません。

アルゼンチン、攻めも守りも、何もできていませんでした。
マラドーナ監督が、どういう戦術だったのかさえわからない、曇って見えない戦術、試合でした。

選手にしても、メッシ含め、誰一人目立つ行動がありませんでした。
マラドーナ監督の動きも遅く、交代枠も残したまま、もう 2 点目か 3 点目辺りから予期していない展開だったのかもしれないですね。

何故、ミリートを使わなかったのか!
インテルを優勝に導いた選手ですよ!!
マラドーナ監督の、メッシ頼みの戦術では結局勝てなかった、ということだったのかもしれません。

それに対し、ドイツの強さ、半端ではないですね。

守りでは、インターセプトの連続でしたし、メッシに限らず誰が攻めにきても 2 人以上で、中盤辺りで確実に止めていました。

攻めは文句なく、イングランド戦後半そのままか、それ以上のポテンシャルだったと思います。

ぺんぺはイタリアサッカーばかり観ているので、ドイツのサッカーの凄さは驚きでした。
3 点取った段階でも攻めることを止めず、結果 4 点獲得ですもんね。
イタリアなら 2 対 0 の段階で徐々に守りを固めてゆきますからね。

アルゼンチンのシュート数は多かったですが、ドイツの壁を敗れず、結局ミドルシュートに賭けるシーンも多かったと思います。
ドイツはいつの間にか 4 〜 5 人が守りに戻ってましたしね。

アルゼンチンが負けたことで、ある意味、ぺんぺのW杯は終わりました。
(T_T)

ですが、そのアルゼンチンを破ったドイツは、今後も勝ち上がっていって欲しいです。
イングランドやアルゼンチンに勝った勢いを、そのまま決勝まで見せて欲しいと願ってます!
(>_<)

P.S.
今後はオランダを一番応援して観てゆく予定!
スナイデル頑張れ!!
(>_<)

W杯 ブラジル vs オランダ

最初から念のための改行を・・・観たくない人は閉じてくださいね。
(^_^;)






このカードは、ぺんぺにとってはどちらが勝っても嬉しく悲しい、複雑な心境の試合でした。

ブラジルが先制した時は、ヤッタ!スゲー!!と思いつつ、オランダまずいなぁ、とか思ってました。
(^_^;)

後半のオウンゴールも複雑な気持ちでした。

セットプレーで絶妙な場所に蹴り出したスナイデル、さすが!と喜びつつも、本来ブラジル GK ジュリオ・セーザルは防げた筈ですが、まさかの味方との接触で、結果オウンゴール。
ジュリオ・セーザルが可哀想・・・
(T_T)

そして決定打は、オランダのコーナーキックから、名コンビのカイト→スナイデルと頭で繋いでのゴール、爽快でした!
でも 2 失点は、ジュリオ・セーザル、やはり可哀想で・・・

ブラジルの SDF マイコンも豪快な上がりで豪快なシュートを放ちましたが、惜しくも、ほんの少し枠に収まらず。

これでブラジルのマイコンとジュリオ・セーザルを見られなくなるのは残念、カカも調子が上がらないまま終了で残念です。

これからは、オランダの司令塔スナイデル、そしてカイトとのコンビプレイに期待です!
(^O^)/

本田獲りに動くミラン 評価はブラジルのエース以上(サッカー) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

ナント!イタリアセリエ A の AC ミランが、本田圭佑の獲得に動き出したようです!
(^O^)

本田獲りに動くミラン 評価はブラジルのエース以上(サッカー) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

今回の日本戦は、本当に世界から注目を集めたようですね。
また、AC ミランはサッカー年齢で考えると年寄りが多いので、本格的に改造を考えているようです。

これで本当に移籍した際、日本人が AC ミラン寄りになるのは、インテリスタのぺんぺとしては辛いですが、セリエ A が日本でも更に注目されることは大歓迎です!

今後の動きに注目ですね。
(^.^)

痛いニュース(ノ∀`) : 【サッカー】 オシム氏、PK戦の廃止を提言 「こんなルーレットのような方法で勝敗を決めるのは疑問に思う」 - ライブドアブログ

PK 戦の代替案って何があるんでしょうね。

痛いニュース(ノ∀`) : 【サッカー】 オシム氏、PK戦の廃止を提言 「こんなルーレットのような方法で勝敗を決めるのは疑問に思う」 - ライブドアブログ

PK 戦といえば、ぺんぺ家で語り草にされているのは、UEFA チャンピオンズリーグの「AC ミラン vs リバプール」。

AC ミランが負けた瞬間に映った、セードルフの魂の抜けた表情が、ぺんぺも嫁もいつまでも忘れられず、ついつい笑いに繋がってしまいます。
(^_^;)

もちろん、あの時はセリエ A 代表の AC ミランを応援して観ていましたので、結果負けてしまったことは大変悔しい思いをしました。

でも PK 戦、アレはアレで観てる側は面白いんですよね。
インテルの元正ゴールキーパー、トルドの全盛期の神懸り的な連続 PK セービングとか、伝説もありますしね。
(^.^)

ぺんぺからの代替案は、サカつくで試合を決めるなんてどうでしょう。
選手や監督など、設定を合わせてゲーム任せ!
(^_^;)

あとは、例えばフィギュアスケートのように、シュート数、技術点、カード数、ファウル数などでどちらが上か決めるとか。

柔道や空手のように審判 3 名で試合内容を評価して、旗上げして多数決とか。

例の誤審に対してビデオ判定を導入すべし!なんて意見もありますよね。
よく考えると、サッカーって、他の競技に比べて改正や進歩があまり無い、不思議な競技ですね。
ボールの質だけは、毎回変わってるんですけどねぇ。
(^_^;)

W杯 裏事情? デスブログで勝ち、シャーマンで勝つかも!

皆さんは「デスブログ」をご存知でしょうか、web では有名ですよね。

まず、デンマーク戦が勝てた要因の一つに、このデスブログが絡んでいるのでは、と考えられています。
もちろん、ぺんぺはオモシロ半分ですけど。
(^_^;)

東原亜希 日本がデンマーク戦勝利に浮かれる裏にデスブログが潜んでいた : にゅーす特報。

また「小森純」の的中率 100 %の方が、W杯に限って言えば凄いですよね!

そして、次の日本が勝てるかもしれない要因も、シャーマン小森の予想が「日本が2−1で勝つ」と予想しているからなのです!
(^O^)/

1次リーグ完全的中小森純 「2-1勝利」予想に注目 (1/2) : J-CASTニュース

こりゃもう「デスブログ」と「シャーマン小森」にタッグ組んでもらって、200 %祈願する番組とか、どこか作ればいいのに!と思うのは、ぺんぺだけでしょうか?!
(^_^;)

W杯 ドイツ vs イングランド

今更なので、例の誤審には触れません。

イングランド、監督や采配についてなのですが、カペッロ監督らしいキレが感じられない試合だったと思います。
(ーー;)

少なくとも、セリエ A でローマの監督やってた時のカペッロは脅威でしたし、攻めも守りも良し、点を取られても取り返せる、素晴らしい監督でした。

んー・・・葉巻野郎ことリッピ然り、カペッロ然り、あの点の取られ方は昔の監督時代にはなかったのではないでしょうか。

イタリアにいた頃は、どちらもカテナチオなど、守りは堅く、攻めも上手な采配だったと思います。

とはいえ、ドイツのツートップも強かったですよね。
メンタルや采配を除き、結果だけで考えると、例の誤審があっても4−2なわけですからね。
どんなに調子良くても、相手が戦意喪失しても、4点は簡単に取れませんよ。

実は、ぺんぺはリッピもカペッロも言い訳ばかりで腹立ってたのもあり、今回ブログに記しました。
(-"-)

ともあれ、イングランドに勝ったドイツには、今後イングランド以上に楽しい試合を見せて欲しいものですよね!
簡単に負けてしまうことのないよう祈ってます。
(^.^)

W杯 ポルトガル vs ブラジル

うーん・・・ぺんぺとしては、釈然としない試合でした。
(ーー;)






結局スコアレスドローで、ポルトガル、ブラジル共に決勝トーナメント進出ですね。

どちらも攻めていたし、決して手を抜いているようには見えませんでした。
ただ、どちらも連携やセットプレーがかみ合ってなく、ヒヤっとするシーンさえ無かった気がして、観ている側からすると面白い試合ではなかった気がします。

一つだけ印象に残ったのは、我らがセリエ A インテル在籍の、ブラジル代表 GK 、ジュリオ・セーザルの背中。
シップだのテーピングだの、本当に痛そうでした。
(T_T)

セリエ A インテル在籍のマイコンも、いい感じの SDF らしい上がり方はしていたのですが、その後の連携がかみ合ってませんでした、残念。
(>_<)

一方、ポルトガルは、クリスチアーノ・ロナウドが意外にも存在感が薄かったですね。
結局、連携がうまくいってなく、前線まで届かなかったのでしょうか(ダニーはそれなりに動きが見えましたけど)。

グループ G は、ドログバが観られないことは残念ですが、ポルトガルもブラジルももっと試合観たいので、結果としては嬉しいです!
(^_^;)

W杯 「サッカー」は続いてるけど「カルチョ」は終わった(T_T)

今更ですが、日本、勝ちましたねぇ。
web 上では岡田監督に謝罪続出、マスコミは手の平を返す報道ばかり。
(^_^;)

しかも↓凄すぎますね!
あの時間の放映にも関わらず、視聴率がおよそ 30 %以上あるって・・・

日テレ、ニヤニヤ! 岡田J、瞬間視聴率41.3%(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

というわけで、日本のサッカーは続きますね!
(^.^)

しかし・・・葉巻野郎ことリッピ監督率いるイタリアのサッカー、カルチョは終わってしまいました。
(T_T)

決勝トーナメントに進めなかったのは、36 年ぶりだそうです。
リッピが監督していた頃のインテルを思い出すような悪夢・・・

とはいえ、前回優勝した時もリッピだったんですけどね、確か。
きっとリッピのメガネは曇りきってしまったのでしょう。
(ーー;)

それでもまだアルゼンチン他、面白そうな国の試合は残っているし、なにより日本が残っているし!

こういう事を、一喜一憂と言うのだろうな、と思いつつ。

W杯 イタリア vs ニュージーランド

ワールドカップ、イタリア対ニュージーランド。
いつも通りネタバレなので改行入れます、ご注意を。






まさか前回優勝のイタリアが、二度も引き分けとは思いもしませんでした・・・
(ーー;)

ぺんぺの好きではない、リッピ監督の戦略ミスなのか、人選ミスなのかわかりませんけど、攻撃も防御も軟かったと思います。
でも前回もリッピで勝ってるんですよね・・・メガネ曇ったのかなぁ・・・

防御でいうと、ファビオ・カンナヴァロは既に 36 歳です。
もっと若くてスピードも身長もあるセンターバックはいるんじゃないかなぁ、と思っていたところに、ソコを突かれたかのような失点・・・

攻撃では、決定力が圧倒的に不足していると思いました。
セットプレイはコーナーキックだけでも 15 回くらいありましたが、全く活かせず・・・

なんだか全体的に浮いていた印象を受けました。
カテナチオに徹するわけでもなく、攻撃重視でもなく、何を狙ったフォーメーションで、誰を軸にするか、などなど。

幸いにも、これで敗退が決定したわけではないので、次勝てればヨシ!
次は 3 対 0 くらいの勢いで勝って欲しいものです!
(>_<)

【W杯】メッシが「韓国の1点はブブゼラのせい。何も聞こえなかった」  - MSN産経ニュース

ブブゼラ (例のウルサイ楽器) 、かなり問題視されてますが、未だに禁止になりませんねぇ。

【W杯】メッシが「韓国の1点はブブゼラのせい。何も聞こえなかった」  - MSN産経ニュース

TV で観戦しているだけでも、かなりウルサイですもんね。
耳鳴りが止まらない選手が続出しているのもわかります。
(ーー;)

ぺんぺも、自分の好きなメタルのライブでさえ、耳栓までいかないものの、ティッシュをちぎって入れてます。

ですが、メッシ選手の言うように、チームプレイの競技では、お互い声をかけることも重要で、ホームアウェイの関係ならまだしも、関係のないところから妨害を受けているのは、早急に対処してもらいたいものですね。
(ーー;)

ぺんぺの記憶が間違ってなければ、一度はブブゼラ禁止を検討する、といったことを聞いた気もするんですけどねぇ。
今はどうなってるんでしょうね。
(@_@;)

search this site.
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
アンダーワールド
アンダーワールド (JUGEMレビュー »)
シンフォニー・エックス
recommend
recommend
recommend
ジ・イーヴル・ディヴァイド 【初回限定盤CD+ボーナスDVD(日本語字幕付き/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】
ジ・イーヴル・ディヴァイド 【初回限定盤CD+ボーナスDVD(日本語字幕付き/日本語解説書封入/歌詞対訳付き)】 (JUGEMレビュー »)
デス・エンジェル,マーク・オセグエダ,ロブ・キャヴェスタニィ,テッド・アギュラー,ウィル・キャロル,デミアン・シッソン
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
テスタメント『ブラザーフッド・オブ・ザ・スネイク』【CD(日本盤限定ボーナストラック/歌詞対訳付き/日本語解説書封入)】
テスタメント『ブラザーフッド・オブ・ザ・スネイク』【CD(日本盤限定ボーナストラック/歌詞対訳付き/日本語解説書封入)】 (JUGEMレビュー »)
エリック・ピーターソン,アレックス・スコルニック,スティーヴ・ディジョルジオ,ジーン・ホグラン チャック・ビリー
recommend
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM