せがれいじり 生誕20周年 おめでとう! その2

JUGEMテーマ:ゲーム



せがれいじり
©秋元きつね/ブレインドック/ネメシス/エニックス 1999

1999 年 6 月 3 日生まれの PlayStation 専用ゲームソフト。

--------
ゲームの中心となるのは、文字(単語)を組み合わせ、できあがった「さくぶん」でムービーや紙芝居が見られるのですが、このさくぶんは 777 通りあります。

これは、 BRAIN DOCK (ブレインドック) の奇才なメンバー1人が、およそ 8 〜 9 割作りました。
はじめて、いくつかの さくぶん を目にしたときの衝撃は忘れられません。
あんなに色々な文章(ボケ)を作り出す組み合わせを、よくまあ何百と思いつくものだと感心しました。

ちなみに、ぺんぺの提案した さくぶん の採用はゼロ、全てボツ(TT)

そして、さくぶん後のムービーや紙芝居。
秋元きつねさんをはじめ、件チームがこれまた凄いツッコミを作ってくれました。
777 通り、どれもワクワクしながら楽しみにしていました。

最後に、短文で意味不明なオチ。
これは BRAIN DOCK のメンバーがコツコツ作っていたと記憶しています。
(ぺんぺもメンバーではありますが、あまり詳しい内容には触れず、ただただ見守っていました^^;)

--------
そういえば、セケン(マップ)を作るのも大変だったなと。

古い王道ゲームのように、内側から徐々に外側に動ける範囲が広がっていくという作り。
これを作ったのは BRAIN DOCK のメンバー1人(さくぶんとは違う人)が大半だったと思います。
やはり才能を感じる人でしたね。

BRAIN DOCK の仕事がまだまだあるので、出し切るまで書こうかな(^^)

続く。

せがれいじり 生誕20周年 おめでとう! その1

JUGEMテーマ:ゲーム



せがれいじり
©秋元きつね/ブレインドック/ネメシス/エニックス 1999

1999 年 6 月 3 日生まれの PlayStation 専用ゲームソフト。

--------
早いもので、発売日から 20 年経ちました。

買って遊んでくれた皆様、開発や営業・販売に関わった全てのスタッフの皆様、おめでとうございます。

そして皆様、完成まで進められた事、発売できた事など、世間に広めて、力を貸してくれてありがとうございます。

--------
このゲーム、もとは BRAIN DOCK (ブレインドック) の、SWORD (ソード)という企画が始まりでした。

SWORD は、さくぶんを作って話を進める、とても分岐の多い紙芝居を見るような、そんなアドベンチャーゲームでした。

しかしストーリーはプロットのみで、世界観も確たるものではなかったのもあり、プロジェクトを立ち上げるまでのインパクトはなく、アイデアは認めてもらえましたが、あと一歩のところでした。

そこで、当時の敏腕プロデューサーからの提案がありました。
原作、世界観やストーリーを、他の人に頼んでみるのはどうかと。

そして紹介されたのが、秋元きつねさんだったのですね。

今考えてみても、この采配が、せがれいじりを成功に導く、一番大きなアクティビティだったと思います。
多分、提案されたプロデューサー以外、この采配の意味は、当時よくわかってなかった筈。

ウゴウゴルーガを知らなかった ぺんぺ は、秋元さんがどのような人なのか把握していませんでした。
後に大変驚くことになるのですが...

続く。

Apoptosis / Allegaeon

JUGEMテーマ:音楽



Apoptosis / Allegaeon


なんじゃこのバンドの音は!!
なぜ今まで気づかなかったのか、残念な自分。

ジャンル、カテゴリとしては、デス・メタルではあるのだが…
この研ぎ澄まされたメロディーと超カッコいいギターリフ。
ジャンル内に収まる音ではないですね、完成度高過ぎ。

このフルレングス・アルバムは通算5枚目らしいです。
3枚目、4枚目でメンバーの多くが入れ替わった模様。
今ではオリジナルメンバーはリードギターだけのようです。

…リードギターさえいれば成り立つバンドなのかな?
超カッコいいギターリフとソロ、ギターメロディー聴けば納得。

最近テキトーなギターソロ、ぼやけた輪郭のギターリフのバンドが多いなか、このようなバンドの存在は非常に嬉しいし、いいかげんなバンドは是非参考にしてもらいたい、とても良いバンド。

アルバム遡り買いしようっと(*^▽^*)

令和元年:ぺんぺぷろじぇくと、よろしくお願いします!

JUGEMテーマ:日記・一般


令和元年になりましたね!

今までは、ぺんぺぷろじぇくと、という名称で活動してきました。

■ぺんぺぷろじぇくと
├ぺんぺねっと
├ぺんぺすたじお
└ディストーションが栄養剤

令和からは、徐々に移行し、以下の構成で進めたいと思います。

■ぺんぺねっと
├ぺんぺぷろじぇくと(段階的にぺんぺねっとへ統合)
├ぺんぺすたじお(段階的にぺんぺねっとへ統合)
└ディストーションが栄養剤

親の呼称はドメイン名と同じく、penpe.net (ぺんぺねっと)に統一したいと思います。
大きな理由は特に無いのですが、今までがちょっと煩雑だったかなと反省しています。

そして、統合第1弾は、Android のシューティングゲーム第1作目にしたと思います!
絵は...相変わらず描けないので、今までの使いまわしの予定です...
ですが曲!音関係は一新して作る予定です!!

ここ見てくださっている皆さんには、全く関係&興味のない内容で申し訳ないです。
(--;
とりあえず重要な点だけ、この令和元年最初に言っておきたかったので。

よし、いつも以上にやる気出していくぞ!!
(*^▽^*)

平成最後の blog 更新です。

JUGEMテーマ:日記・一般


平成最後の、ぺんぺねっと管理人blog 更新は...
平成でやり残した事、令和で目標にしたい事を、思いつくままに羅列していくことにします。

・DEAD OR ALIVE 6 をもっと真剣にプレイする
 (とても個人的な趣味)

 今は昔と違って、ロクに調べもせず、ガチャプレイが大半。
 マイキャラクタの技全てを覚えて、もっと考えながらプレイする。
 それと数キャラ使い込みたいですね。今は1つなので。

・Raspberry Pi で色々楽しむ
 (とても個人的な趣味)

 果たせませんでした。単に買わなかっただけというか。
 令和では、複数台購入する予定。
 ファイル& web サーバー、ゲームなどのラズパイを用意したいです。

・Roland Sound Canvas VA をメインとした制作環境を作る
 (ゲームや曲配信に関連する事柄)

 これも予算により果たせませんでした。
 ですが、環境自体は体験版で作りました。
 導入までは然程時間はかからないはず。

・Android ゲームを作成し公開する
 (ぺんぺぷろじぇくと, PenpeProjects)

 のんびりやってたら間に合いませんでした(^^;
 ですが既に、絵、音、操作など動作しているので、あとは作りこみ。
 Android 以外にも、iPhone、Windows、Linux で公開する予定も!
 とりあえず Google Play で配信するまでを目標にします。

・曲を作る
 (ぺんぺすたじお、PenpeStudio)

 ゲーム作りと近いですが、全然やれてないので目標にします。
 Sound Canvas VA にも関連しますね。
 できれば Cubase とか使いたいですが予算が(-.-

・せがれいじり 20th を祝う(笑)
 (過去の栄光...?)

 来る 6 月 3 日の 20 周年にお祝い blog 更新をしたいです。
 忘れないようにしないと...
 本当は景品用意とか用意したかったけど、景品の箱潰れちゃった..

・blog をちゃんと更新する!
 (ディストーションが栄養剤 ぺんぺねっと管理人blog)

 えー...これは現在酷い事になってるので、なんとかしたいです。
 せめて、もっと調整して、週1の更新までには回復したいところ。

大きく、7 つ挙げました。

最初の 1 つはなんだって思われるかもしれませんが(笑)
あれはあれで、ゲームを真剣に、楽しみながら、プレイする精神を大切にしたい表れなんです。

気が付くと疎かになりがちな、ゲームや曲を作る事、ゲームをプレイする時間を作る事、ゲームを楽しむ事、の 3 点に焦点があたっているという点では、まとまりのある、やり残し、目標だったかなと思います。

では、令和でお会いしましょう!
(^^)

PS4 悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲 …残念

JUGEMテーマ:ゲーム


知らなかったんです、本当に。
あんな致命的なバグがあったとは…

きっかけは大した事ではなかったんです。

序盤のイベント、デス(死神)が出てくる場所。
その手前のワン公共で、経験値を稼ごうとしたんです。

このゲーム、一度部屋の外に出て入り直すと敵が再配置されます。
それを使って何度もワン公を倒す算段でした。

デスの部屋に入ってすぐワン公の部屋に戻り…
あれ?BGMが止まった…効果音だけが鳴り響き…

なんか不安になったので経験値稼ぎを止め先に進むことに。
とりあえずセーブポイントまで行こうと。

するとナント!デス(死神)イベントが無くなってるではありませんか!
PS初期版からあるバグらしく、どうやら移植もPS版からなのかな?
ネットで調べると結構な数出てきました。

知らなかったよー(TT)残念すぎるバグです。
デス(死神)が出てこなかったことによるデメリット(メリット?)。
アルカードの最強の初期装備が、デスに取られずそのまま使える!!

これで装備を拾ったり買ったりする楽しみは無くなりました(--;
知らなかったので、わざとじゃないんだけどなぁ。

しばらく遊んでしまったので、今更最初からプレイし直すのもなぁ。

うーん、うーん…と悩み、結局、最強の初期装備のセーブデータ、
デス(死神)に装備を取られて進めるセーブデータ、
両方作って交互にプレイしてます。

しかしPS初期版でわかってたバグなのに、なんでそのまま残すかな?
理解に苦しみますね(--;
某社バグチェック部隊だったら簡単に見つけるようなバグですし。

こんなバグ技、知りたくなかったよー(>_<

SC-8850 も 20 周年ですな!

JUGEMテーマ:音楽



Roland SC-8850


先日記した「せがれいじり」と同い年、1999 年生まれのハード MIDI 音源の最高峰の一つ、Roland SC-8850 です!

ウチのは若干壊れつつありますが、まだまだ現役です。

そろそろ音も壊れてくる頃なので、SOUND Canvas VA にシフトすることを考えている昨今ですが、SC-8850 は一番長い付き合いの音源なので、名残惜しいのですよ。

というか、今思うと曲作りを趣味としてから、大半、いや 8 〜 9 割はこの音源で作った曲です。

それにしても、当時は迷いもなく 99,800 円という大金を出して買ったものだと感心しますね。
その決断が今につながっているのだから、振り返ると良い判断だったと思います。

なんにせよ、今年は色々と良い意味で、節目になりそうな年であることに間違いはないね!
(^^)

生誕 20 周年カウントダウンのゲーム

JUGEMテーマ:ゲーム


久々のゲームネタ。

とはいっても、手前味噌ではありますが、、、

ナ、ナント!今年で 20 歳!成人式を迎えるこのゲーム!


せがれいじり


正確な誕生日は 1999 年 6 月 3 日です。

いや〜時の経つのは早いような遅いような。
とにかく感慨深いです。

今でも YouTube にアップしてくれる方がいてくれたり。

話題にしていただいたり。

プレイしたことなくても存在を知っていたり。

正直、ここまで大勢の方の印象に残ってくれるゲームになるなんて、当時は思ってもいませんでした。
とはいっても、自信と誇りを与えてくれたゲームです。

当時のスタッフには感謝してもしきれません。
特にブレインドックのメンバー全員、極貧の安月給のなか、本当によく仕事をしてくれました。

そしてこれがきっかけで、今でもゲーム業界にいるメンバー、頑張ってるなぁと感心します。
いつまでも面白いゲームを作ってくださいね!

ぺんぺにとって、ゲーム作り、曲作りは、完全に趣味の世界になりましたが、ライフワークとしていきたいと思っています。
・・・まあ、どちらも最近新作発表してませんが(^^;

また 6 月 3 日に blog で「せがれいじり」に触れたいと思います。
それまでに、ゲームでも曲でも新作を(せめて予定を)発表したい!・・・ですなぁ(--;

色々出ますね。気になる新譜(^^)/

JUGEMテーマ:音楽


まず、既に発売されました、
Born Of Osiris
全曲 YouTube 等でオフィシャル公開されてますね!

しかも曲が最っ高に良いという!!
なんという太っ腹でしょうか!(^^)/
今からまた聴きましょうかね。

次に、2019/02/22 発売の、
Overkill
こちら、現在 2 曲程 YouTube で聴けますね。

ですが…これは…なんか嫌な予感がします。
ちょっとテンポが速くなく、大作っぽさもあり。
らしさが欠けている曲ですよねぇ、うーん。

そして、原点回帰をうたう、
Dream Theater
YouTube で 2 曲聴きました。

確かにセカンド…サード・アルバムに寄っている気がします。
ただ、個人的には目新しさがなくて飽きてしまいました(--;
とはいっても原点回帰、前作よりは期待できそうです。

最後に、ん?なんか元気な頃に回帰している?という、
Queensryche
1 曲聴けました。

カッコイイ!良い!!素直にそう思いました。
期待せずにはいられない 1 曲でした。
頼みますよ〜外さないでくださいよ〜って感じです(^^;

---
それにしても Born Of Osiris、本当に良いです。
タダで聴けるのに、お布施的意味で購入しそう!

どのバンドも期待値は大きいので応えてくれるといいなぁ。
今年はまだまだ、他のベテラン勢も出してくるでしょうね。
なんか良い意味で荒れる 1 年間になりそうな予感(^^)/

あと Slipknot も予定あるんですよね。
こちらも期待大(^^♪

ではまた。

2017-2018年版 良かった音楽ランキング

JUGEMテーマ:音楽


既に今年も半月を過ぎてしまいましたが(^^;

2017-2018年版 良かった音楽ランキング

です(毎回少しタイトルが違っているというね(--;)。
ちなみに以下「アルバムタイトル / バンド名」です。


では、もう先頭から発表です、

第1位!!!

B07FSRDLL6
The Wake / Voidvod


もしかするとこのバンドの最高傑作かもしれません!
一時期のプログレ時代ヴォイヴォドにスラッシュ時代の激しさを塗した密度の濃い曲、アルバム。
新旧メンバーがそれぞれの個性をぶつけ、最高のアルバムを作り出したという感じでしょうか。
これ以上のアルバムを他のバンドに望むのは酷というもの。納得の1位でしょう。

次に、1位との差は僅か、

第2位!!


War Of The Worlds, Pt. 1 / Michael Romeo


本家 Symphony X とはまた一味違った曲を聴かせてくれました。
なんというか、一言で表すと、本家より良い(^^;
個人的なアルバムだからなのか、肩の力を抜いて作りたいように作ったという感じに受け止められます。
パート2も作られているそうですのでリリースが楽しみですね!

そして、1,2位とは違った異色の、

第3位!


The Book Of Suffering : Tome II / Cryptopsy


テクニカルデスメタルで個人的に最高峰のバンド!
このバンド好きの連中に応えるかのように、最高の EP を届けてくれたと思いました。
特に気に入ったのは、アルバム最後の約 20 秒続くブラストビート、最高ですね!


意外と予想を裏切る順位だったかもしれません。
特に3位にまさかのランクインした Cryptopsy さんは自分でも驚き(^^;
続きまして4位以降を気力が続くまでだらだらと書き記しますね。


第4位


Vector / Haken


前作はちょっと重苦しい感じに思えましたが、今回は快作!
攻撃的で変則的で、飽きさせない展開が続きます。

第5位


G-litter / Gacharic Spin


とにかくハマったバンド、アルバム。
「ズバリ発情期!」「年齢不詳の魔女になりたい」は特に良かった!

第6位


Tiara / Seventh Wonder


重苦しさがもう少し減れば、良作だったと思うのですが。
それでもシングルカットの曲といい、そこいらのバンドには真似できないセンスがあると思いました。

第7位


Heavy Yoke / Azusa


先行シングルを聴いて一目(一聴)惚れしました!
もう少し緩急あるテンポなら良かったのですが、十分斬新な曲の数々ですね。

第8位


Psychotic Symphony / Sons Of Apollo


長めの曲が 3,4 曲あるのが、ちょっと胃もたれする感は否めないです。
それ以外は上質なハードロック/ヘヴィメタルという感じですが、繰り返し聴くにはちと重いかも。

第9位


For The Demented / Annihilator


悪くないのですが、キラーチューンが無い。。
でも最後のトラックは秀作だと思い、リピートで聴いてます。


他にも

・Galactic Cowboys
・DOLL$BOXX
・Pain Of Salvation

などなど、沢山聴きまして、ランキングもなかなか悩みました。

でも案外、収まるところに収まったかもしれません。
今見返しても納得の順番です。

ではこの辺で。今年も良い音楽達に出会えますように(人)

search this site.
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

© ぺんぺねっと All rights reserved.