<< Mozilla Firefox 4.0 Beta 7 軽快ですねぇ! (PC) | main | エグゼドエグゼス (EXED EXES) (ゲーム,Wiiバーチャルコンソールアーケード) >>

iTunes のビートルズについて別の反響が・・・

The Beatles、ビートルズを知らない世代と、知ってるのが常識だと思ってる世代との戦い (?) を発見。

Togetter - 「ビートルズ・・・・」

これまた一般化や常識という、抽象的かつ個々の主観的な話ですねぇ。
(^_^;)

一つ気になるのは、ビートルズを知らない人を非難している人。
そんなに不思議なことではないと思うんですよね。

全世界で 1 枚のアルバムを数千万枚売った、メタリカやデフ・レパードでさえ、バンド名も曲も知らない人は多いわけで。

イエスは日本でも流行ったものの、他のプログレ・ロックバンドの EL&P、キング・クリムゾン、ピンク・フロイドは然程人気出ませんでしたしね。
しかも流行ったイエスは、90125 というアルバムで、バンドとしては異色作でしたし。

ボン・ジョヴィだって、日本で流行ったからこそ、本国アメリカでも徐々に流行りはじめて、今では超有名ですよね。

かといって、逆に、リストやショパン、モーツァルトのピアノ曲を聴いて、すぐに気づく人、何番の曲かまでわかる人はどれだけいるでしょうか。

ピアノでなくても、ベートーヴェン、チャイコフスキー等々、日本でどれだけの人が知っているのか疑わしいものです。

最後に言いたいことをまとめますと、
興味の対象なんて人それぞれ、常識なんて環境や時代が作るもので、人に押し付けるものではないと思っています。
知っていることと、好きなことも違いますしね。

ちなみに、ぺんぺはビートルズを知っていますし、数曲なら聴いてわかりますし、親も好きで聴いていました。
ただ、ぺんぺは曲に興味ないですし (メタルでもプログレでもないので^^;) 今回の iTunes の件だけでいえば、なんてことない件だったなぁ、と落胆したのは確かです。
(ーー;)

コメントする









search this site.
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM