<< asahi.com(朝日新聞社):hideさん十三回忌、参列2キロ超 「XJAPAN」 | main | asahi.com(朝日新聞社):食事も医者も我慢…困窮する男性非正社員 連合総研調査 - 社会 >>

日本人の精神構造の変化が モノ売れない時代つくったインタビュー「消費崩壊 若者はなぜモノを買わないのか」第2回/精神科医・和田秀樹氏に聞く (1/2) : J-CASTニュース

心理学などを好きで勉強している、ぺんぺにとってはとても残念な記事がありました。
(ーー;)

日本人の精神構造の変化が モノ売れない時代つくったインタビュー「消費崩壊 若者はなぜモノを買わないのか」第2回/精神科医・和田秀樹氏に聞く (1/2) : J-CASTニュース

うーん・・・精神科医が的を射ていないことを言うことは遺憾ですなぁ。
(ーー;)

まず、モノが売れないことと、精神疾患を、直接繋げて短絡的に考え、見解している点が、納得できません。
様々な要因が重なっていることは、精神科医でなくてもわかることです。
その証拠に、この記事に対する批判的なコメントは多々見かけます。

『他人がユニクロ買えば自分はブランド買わない』

まず、精神科医云々ではなく、ユニクロに失礼ですよね、名誉毀損で訴えてもいいくらい。
ユニクロの、例えばヒートテックなど、機能的で安く、デザインも程々で、大変な企業努力の成果だと思います。

『「内因性精神病」は2種類しかありません。ひとつは「シゾフレニア」、つまり統合失調症で、もうひとつは「メランコリー」、すなわちうつ病です。』

ちょっと勉強した程度の、ぺんぺでさえ笑ってしまうくらい、大雑把な見解だと思いました。
少なくとも、病気になった時にこの人にだけは診察されたくありませんね。

大きく分けて 2 種類かもしれませんが、その中には様々な病状があり、それにより薬の種類や脳への対処を変えなければ意味のない治療に繋がりますし、余計な病状や病状悪化に繋がりかねません。

---

他の記事では、そういう考え方もあるな、と思うことと、単なるジャーナリストレベルの見解だな、と思うところと入り混じっているので、省略します。

ただ、この人、この精神科医のように、人間を一般化するのは止めましょう。
人間は 2 種類ではありませんし、数えられる程の動作しかしないメカではありません。
人間は、その数だけ、考え方も性格の傾向もあるのですから。

この精神科医の方へ。
まずは、ユング、MBTI を勉強してください。
統合失調症とうつ病に絞る (またはまとめる) のは止めてください、脳の病気について学んでください。
m(._.)m

診察や治療が仕事の医者がこれじゃ・・・と思われる発言は、同業者からも反感を買うと思いますよ。
(-"-)

10分審査のネットローン[PR]

コメントする









search this site.
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM