Reign In Blood / Slayer

JUGEMテーマ:音楽



Reign In Blood / Slayer

Amazon の辛口レビューを見て、何百回目かわからんけど再度聴いてみた。
うーん...素晴らしいんだけどなぁ...どこに文句が...

まあ、人それぞれだからレビューに文句はないのだけれども、ちょっと内容をもとに読解してみることに。

・普段メタルしか聴かないという人がうるさいと言っている
きっといつも聴いてるのはメタルじゃないと思います(^^;
例えば Hard Rock とか Glam Metal のことなんじゃないかな。

・Metallica の Battery と比べて云々
いやいや、なぜ他のバンドの曲と比べるのかが意味がわかりません。
そもそもベクトルが違うので、比べようがないというか。
曲の構成力って、Metallica はどちらかというと難解、Slayer は一直線ですよね。

・Metallica、Megadeth、Anthrax は好きで聴いてるけど...
このレビューは明白です、歌っているか吐き捨てているかの違いですね。
イカレた音楽が好きなら一度どうでしょうか?というのには同意(^^;

・何でこんなんが評価されんのか、さっぱりわからん、らしい
それはあなたの指向や耳が合わないだけですね。
ぺんぺは初めて聴いた時、電気走りましたからね。
当時寝る時はいつもコレ聴きながら寝てましたし(^^)

なるほどなるほど、この方々は広い意味でメタルは聴けてないのではないかな。
四天王の中でフォロワーが一番多いと言われている Slayer だから、ポスト Slayer とかデス・ブラック・メタルとか、吐き捨て・ガナリ・ダミ声・デス声とか、その辺聴けない人たちなのかな。
ハードコア・グラインドコア・インダストリアルもきっと聴けないのかな、勿体無いです...

と言いつつ、ぺんぺもデス声はなんでもかんでも受け入れてるわけではないですよ。
普段一番聴いているジャンルはプログレ系ですしね、かけ離れてます。

ただ、Slayer は、Reign In Blood は大好きなアルバムです。
どの曲が欠けても成立しない、完璧なアルバムだと思うくらい好きです。
ライブでも一番映える曲ですよね、Angel Of Death 然り Postmortem からの Raining Blood 然り。
いや、やっぱりカッコイイですよ!なんかまた一通り聴きましたが、ワクワクが止まりません。

もしこのアルバムが聴けないなら、次のアルバムである South Of Heaven を聴きましょう。
ヴォーカルスタイルこそ同じですが(少し歌ってる)、曲構成やバリエーションなどとてもバランス良いですよ!

Apoptosis / Allegaeon

JUGEMテーマ:音楽



Apoptosis / Allegaeon


なんじゃこのバンドの音は!!
なぜ今まで気づかなかったのか、残念な自分。

ジャンル、カテゴリとしては、デス・メタルではあるのだが…
この研ぎ澄まされたメロディーと超カッコいいギターリフ。
ジャンル内に収まる音ではないですね、完成度高過ぎ。

このフルレングス・アルバムは通算5枚目らしいです。
3枚目、4枚目でメンバーの多くが入れ替わった模様。
今ではオリジナルメンバーはリードギターだけのようです。

…リードギターさえいれば成り立つバンドなのかな?
超カッコいいギターリフとソロ、ギターメロディー聴けば納得。

最近テキトーなギターソロ、ぼやけた輪郭のギターリフのバンドが多いなか、このようなバンドの存在は非常に嬉しいし、いいかげんなバンドは是非参考にしてもらいたい、とても良いバンド。

アルバム遡り買いしようっと(*^▽^*)

SC-8850 も 20 周年ですな!

JUGEMテーマ:音楽



Roland SC-8850


先日記した「せがれいじり」と同い年、1999 年生まれのハード MIDI 音源の最高峰の一つ、Roland SC-8850 です!

ウチのは若干壊れつつありますが、まだまだ現役です。

そろそろ音も壊れてくる頃なので、SOUND Canvas VA にシフトすることを考えている昨今ですが、SC-8850 は一番長い付き合いの音源なので、名残惜しいのですよ。

というか、今思うと曲作りを趣味としてから、大半、いや 8 〜 9 割はこの音源で作った曲です。

それにしても、当時は迷いもなく 99,800 円という大金を出して買ったものだと感心しますね。
その決断が今につながっているのだから、振り返ると良い判断だったと思います。

なんにせよ、今年は色々と良い意味で、節目になりそうな年であることに間違いはないね!
(^^)

色々出ますね。気になる新譜(^^)/

JUGEMテーマ:音楽


まず、既に発売されました、
Born Of Osiris
全曲 YouTube 等でオフィシャル公開されてますね!

しかも曲が最っ高に良いという!!
なんという太っ腹でしょうか!(^^)/
今からまた聴きましょうかね。

次に、2019/02/22 発売の、
Overkill
こちら、現在 2 曲程 YouTube で聴けますね。

ですが…これは…なんか嫌な予感がします。
ちょっとテンポが速くなく、大作っぽさもあり。
らしさが欠けている曲ですよねぇ、うーん。

そして、原点回帰をうたう、
Dream Theater
YouTube で 2 曲聴きました。

確かにセカンド…サード・アルバムに寄っている気がします。
ただ、個人的には目新しさがなくて飽きてしまいました(--;
とはいっても原点回帰、前作よりは期待できそうです。

最後に、ん?なんか元気な頃に回帰している?という、
Queensryche
1 曲聴けました。

カッコイイ!良い!!素直にそう思いました。
期待せずにはいられない 1 曲でした。
頼みますよ〜外さないでくださいよ〜って感じです(^^;

---
それにしても Born Of Osiris、本当に良いです。
タダで聴けるのに、お布施的意味で購入しそう!

どのバンドも期待値は大きいので応えてくれるといいなぁ。
今年はまだまだ、他のベテラン勢も出してくるでしょうね。
なんか良い意味で荒れる 1 年間になりそうな予感(^^)/

あと Slipknot も予定あるんですよね。
こちらも期待大(^^♪

ではまた。

2017-2018年版 良かった音楽ランキング

JUGEMテーマ:音楽


既に今年も半月を過ぎてしまいましたが(^^;

2017-2018年版 良かった音楽ランキング

です(毎回少しタイトルが違っているというね(--;)。
ちなみに以下「アルバムタイトル / バンド名」です。


では、もう先頭から発表です、

第1位!!!

B07FSRDLL6
The Wake / Voidvod


もしかするとこのバンドの最高傑作かもしれません!
一時期のプログレ時代ヴォイヴォドにスラッシュ時代の激しさを塗した密度の濃い曲、アルバム。
新旧メンバーがそれぞれの個性をぶつけ、最高のアルバムを作り出したという感じでしょうか。
これ以上のアルバムを他のバンドに望むのは酷というもの。納得の1位でしょう。

次に、1位との差は僅か、

第2位!!


War Of The Worlds, Pt. 1 / Michael Romeo


本家 Symphony X とはまた一味違った曲を聴かせてくれました。
なんというか、一言で表すと、本家より良い(^^;
個人的なアルバムだからなのか、肩の力を抜いて作りたいように作ったという感じに受け止められます。
パート2も作られているそうですのでリリースが楽しみですね!

そして、1,2位とは違った異色の、

第3位!


The Book Of Suffering : Tome II / Cryptopsy


テクニカルデスメタルで個人的に最高峰のバンド!
このバンド好きの連中に応えるかのように、最高の EP を届けてくれたと思いました。
特に気に入ったのは、アルバム最後の約 20 秒続くブラストビート、最高ですね!


意外と予想を裏切る順位だったかもしれません。
特に3位にまさかのランクインした Cryptopsy さんは自分でも驚き(^^;
続きまして4位以降を気力が続くまでだらだらと書き記しますね。


第4位


Vector / Haken


前作はちょっと重苦しい感じに思えましたが、今回は快作!
攻撃的で変則的で、飽きさせない展開が続きます。

第5位


G-litter / Gacharic Spin


とにかくハマったバンド、アルバム。
「ズバリ発情期!」「年齢不詳の魔女になりたい」は特に良かった!

第6位


Tiara / Seventh Wonder


重苦しさがもう少し減れば、良作だったと思うのですが。
それでもシングルカットの曲といい、そこいらのバンドには真似できないセンスがあると思いました。

第7位


Heavy Yoke / Azusa


先行シングルを聴いて一目(一聴)惚れしました!
もう少し緩急あるテンポなら良かったのですが、十分斬新な曲の数々ですね。

第8位


Psychotic Symphony / Sons Of Apollo


長めの曲が 3,4 曲あるのが、ちょっと胃もたれする感は否めないです。
それ以外は上質なハードロック/ヘヴィメタルという感じですが、繰り返し聴くにはちと重いかも。

第9位


For The Demented / Annihilator


悪くないのですが、キラーチューンが無い。。
でも最後のトラックは秀作だと思い、リピートで聴いてます。


他にも

・Galactic Cowboys
・DOLL$BOXX
・Pain Of Salvation

などなど、沢山聴きまして、ランキングもなかなか悩みました。

でも案外、収まるところに収まったかもしれません。
今見返しても納得の順番です。

ではこの辺で。今年も良い音楽達に出会えますように(人)

War of the Worlds, Pt. 1 / Michael Romeo

JUGEMテーマ:音楽


大変お久しぶりの音楽ネタ(^^;

War of the Worlds Pt 1
Michael Romeo
B07CZ9S8W6


マイケル・ロメオ、ニューヨーク出身の方。
また、 Symphony X のギター担当でもあります。
通算 2 枚目のソロ・アルバム。

Symphony X も色々な事があり、そんな中ソロを出すことになったらしいですね。
それはまたの機会に触れるとして。。。

どうですか、このアルバムは!!!
Symphony X よりもネオクラシカルで難解で映画音楽にインスパイアされたというのが伝わってくる迫力といい、近年の彼の関わったアルバムでは確実に最も良いものではないでしょうか!?

長い曲や難解な曲が続くので、中だるみはしてしまいますが、丁度 Tr.5 で一区切り、 Tr.6 から第二章として聴き始めると良い感じですね。

既に続編の Pt 2 はほぼ完成しているとのことで、なるべく早いリリースが望まれますね。

Gacharic Spin & DOLL$BOXX

JUGEMテーマ:音楽


最近どんな音楽を聴いているのかというと、

Gacharic Spin
DOLL$BOXX

オンリー(オンリーと言いつつ2コ笑)。

なんかどっぷりハマり洋楽聴かずにコレばかり。

意外にもメタルっぽさではなくガールズバンドっぽさに魅力を感じて聴いている。

とはいえどちらもロックでメタルの重みもあって良い。

あとスピード感が良い、重要。

演奏力も凄く上手だが、実は曲構成に光るものがある。

インディーズ時代からの曲から順に聴いてみると、作曲・編曲能力が向上していっているのがよくわかって面白い。

Gacharic Spin はメジャー 3 作目最新作で、多少曲構成を変えてみせているが、本質は変わっていないので安心。

ある意味あかぬけた感じもするし、快作だと思う。

今後これを機に更なるメジャーバンドへ、世界へ向かって欲しいものだ。

Bee Again A. といいます。

JUGEMテーマ:音楽


ニューシングル曲「Bee Again A.」です。
各種デジタルミュージックサイトからお求めいただけます!
Tune Core Japan の紹介サイトへ

とはいってもお蔵入りしていたものにアレンジを加えただけですが(^^;
なんか変なアレンジしちゃったかなーと少々納得いかなくもあり。

それにしても昔の曲は、曲というには短いのなんの(--;
元曲だけなら1:40くらいしかないので焦りました。
アレンジしても少しのびただけですけどね。

次回は急がないように今から曲を作りだめしとかないとな。
よし!早速(^^)

さて、新曲予告ですが...

JUGEMテーマ:音楽


そうですか、もう前回から1年経とうとしてるんですか(--;
音楽に関して何もしていないのが伺えますな。

今回も知らせが届いたから作った、というのが本音です。
(しかも3日しか猶予がなかったので急もいいとこ)

しかも約20年前の曲のアレンジというお粗末さ(^^;
いやそれ自体に問題はないけど、3日でっていうのは、ね。

で、配信は2〜3日後には始まります。
タイトルは
 Bee Again A.
です。

アレンジで付け加えた新しい部分は全面的に作り直したい。
なんか久しぶりに作ったから元の曲と混ざってない。

そもそも元音源から何も手を加えずの移植…。
あ、ギターのパワーコード増やしたくらいか…。

悔しい気持ちは、新曲作るきっかけになるといいな。
次こそは自分でも「おっ!」と思えるものにしたい。

あ、まずは本作「Bee Again A.」です(^^;
元々結構気に入ってる曲なので機会があれば是非!
(^^)

続報をお待ちくださいね!

MODE MOOD MODE / UNISON SQUARE GARDEN

JUGEMテーマ:音楽


MODE MOOD MODE (通常盤)
UNISON SQUARE GARDEN
B078SWNLXC


ユニゾン・スクエア・ガーデン、日本のJ-POP・ロックバンド。
2018 年の 7th スタジオフルレングスアルバム。

うん、面白いアルバム(^^♪
前作も幅広い楽曲群だったが今作はそれを越えていった感じ。

ジャンルが多いというかミクスチャー的な音楽が多いと感じた。
しかも付け焼刃ではなくしっかり吸収して昇華しているのが凄い。

とはいえコアの部分はこのバンドならではの USG 節が炸裂。
これだよこれっていうところは押さえていて良いですね!

気に入った曲は多くあるけど、あえて一番を決めるなら、
君の瞳に恋してない
アルバムの最後を飾る曲ですね、これ最高(^^)/
暫くの間、お気に入りプレイリストに入ることでしょう。

search this site.
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
selected entries
categories
archives
links
profile
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM

© ぺんぺねっと All rights reserved.